まろやか干し梅 匠味 幸太郎

 ←ボタンをクリックするとホームページをお気に入りに追加できます

商品紹介

まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の干し梅
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の漬物・佃煮
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎のこんにゃく
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の塩
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の麺類
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の飴
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎のその他商品

おすすめ商品

まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の干しうめ
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の干しうめ箱入り
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の紅塩
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の舞茸佃煮
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎の角こん
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎のとうふこんにゃく
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎のうめ茶
まろやか干し梅・群馬名産通販サイト匠味幸太郎のへぎそば
飴

群馬県沼田市について

沼田市は群馬県北部に位置し、北毛の中心地です。市には利根川が流れ、戦国後期から江戸時代初期にかけて入城した真田氏により発展した街です。沼田は軍事上の重要な場所だったゆえ、上杉・後北条・武田各氏の争いが絶えない地でもありました。

沼田市には今でも群馬県を含む関東地方と新潟県とを結ぶ上越線や関越自動車道といった幹線交通路が通っています。市街地内にある真田氏ゆかりの沼田城跡の他、吹割の滝やたんばらラベンダーパークなどの観光地があります。老神温泉郷などの温泉地もあり、多くの観光客が訪れています。

沼田まつり

須賀神社の祇園祭が源流のお祭りで、毎年8月3日から5日の行われ3日間で20万人以上の人が集まるお祭りです。須賀神社と榛名神社の2基のみこしと20基もの町みこしが練り歩き、千人おどり、巨大な山車(まんど)から祇園囃子が流れ、祭りを盛り上げます。

吹割の滝(ふきわれのたき)

「東洋のナイアガラ」「日本のナイアガラ」といわれています。落差7m、幅30mから落下する水しぶき、轟々と音を立てる姿は圧巻です。

たんばらラベンダーパーク

たんばらスキーパークの隣に、期間限定の「たんばらタベンダーパーク」があります。関東最大の規模のラベンダー畑です。ラベンダー摘み取り体験やコンサート、星空観察会などのイベントも開催されています。

老神温泉郷

湯の歴史は古く、その昔、赤城山の神(ヘビ)と日光男体山の神(ムカデ)が戦った時、弓で射られた赤城山の神が赤城山山麓に矢を突き刺すとたちまちお湯が沸いてきたのが始まりとか。赤城山の神がそのお湯に傷を浸すとたちまち治り、男体山の神を追うことができたことから「追い神」と呼ばれるようになり、それが「老神」になったと伝えられています。

沼田城址(沼田公園)

沼田城は、室町時代の1532(天文元)年頃、この地方の有力者、沼田氏12代目である万鬼斎顕康(ばんきさいあきやす)が崖上の大地に築いたお城と言われています。この辺りは関東への要衝の地であり、そのため沼田城を巡って壮絶な戦いが繰り広げられました。

現在は沼田公園となり石垣の一部などの遺構が残っているだけですが、1580(天正8)年に真田昌幸が入城し翌年沼田氏を滅亡させ、その後1590(天正18)年に北条氏滅亡のこの年に、嫡子信幸に沼田城を与え自らは信濃国上田へ移り、その後5代信利が領地没収されるまでの91年間もの間、真田氏の居城でした。

沼田市にはお気軽に観光でお越し下さい

沼田市では様々なイベントが行われています。イベント時期に合わせて、イベントのない時期でも存分に楽しむことができます。沼田市にお越しの際にはぜひ当店にお越し下さい。

群馬県沼田市井土上町840-2

«